道の駅

休憩・お食事・特産品・お土産 鳥取県日南町 「道の駅 にちなん日野川の郷」

守り、育て受け継ぐ。源流の郷、日南町。

春のお客様感謝祭♪
還元プレゼントキャンペーン♪
3月25日(土)~4月30(日)の期間、直売所で500円以上ご利用のお客様に
キャンペーン応募用紙を1枚進呈いたします。
必要事項をご記入の上、所定の応募箱へご投函ください。
企画・旅行取扱 株式会社STEPトラベル
協賛 協同組合にいみプラザ
    道の駅 にちなん日野川の郷

※詳細は下記チラシをご覧ください。


こんにちは。
3月になって、徐々に暖かくなる気配が感じられる
道の駅にちなん日野川の郷です。

さて日野川の郷では先日、実際に出荷者さんの生産現場へ行ってまいりました!
今回はその様子をお届けしたいと思います~。

お邪魔するのは、原木しいたけや乾燥しいたけを出荷されている「サワタ建設株式会社」さんです。

(※ここで、「原木栽培」と一般的な「菌床栽培」の違いを簡単に解説すると・・・
 「原木栽培」は自然に近い形で、原木と呼ばれる樹木の栄養分のみで育てる
 肥料や農薬などを一切使用しない栽培方法です。
 さらに、原木栽培は収穫までに一年以上の時間が必要で、時間と労力の
 かかる栽培方法ですが、菌床栽培の物と比較すると、味・歯ごたえ・香りが
 別格と言われています。
 対して、「菌床栽培」は「菌床」という人工的な培地で作られています。
 収穫まで3ヶ月程度と短期間で、かつ少ない面積で多くの量を採れる為
 現在では市場に出回るきのこのほとんどはこの「菌床栽培」の物となっています。)

 

直売所では、「小倉山農園」の名前で出荷されていますね。

さて、話を元に戻して、最初に案内されたのは・・・
植菌(原木に種菌を植え付ける事)を行っているハウスです!

原木が大量に並んでいますね~。これはナラの木だそうです。
ここにある原木は大きい直径の物で、サワタ建設さんでは植菌用の
機械もあるのですが、ここのはその機械が使えないサイズの為
手作業でドリルを使って原木に穴を開けて、駒菌を打ち込むのだそうです。

ウチのスタッフも植菌を体験してみました。簡単そうに見えても意外と難しい・・・(:¥:)

ゆ~っくりなスタッフとプロとの違いがはっきりしました(0u0)

これが植菌用の機械!1台3役のすごいヤツ!その名もスタッフ命名「しいたけロボット(仮)」

 

穴をあけ、菌を植え、蓋をする。この3つの作業を1台でしてくれる優秀なロボなのです。ここの機械に
入らない太い原木や曲がった原木が先程のプロの手に回ります。

そして、去年の今頃に植菌をしたほだ木を置いているハウスへ

既に最盛期は過ぎたようですが、それでも一面しいたけだらけです!すごい!

風よけにビニールをかけ、乾燥しすぎたり形が悪くなるのを防ぎます。

水分・光・温度を保ちつつ品質の良い美味しいしいたけがつくられるのです。

しいたけとは思えない肉厚でおいしそうな茸ですね~!
おいしそうです~(^n^)
案内人さんのおすすめの食べ方は、厚めに切って炒め、水分をとばしバターと塩でバター焼き!!
しっかり火を通すとメチャウマです!

春と秋が旬なので、旬のうちにお試しあれ。ちなみにスタッフは火鉢で焼いていただきました。(^^

今回見学させていただいたサワタ建設さんのしいたけは道の駅直売所でお買い求めいただけます。
ぜひ、直売所に並んでいるのを見つけた時は試してみてくださいね。
 


こんにちは。
立春を迎えましたが、まだまだ冷え込みが厳しい
道の駅にちなん日野川の郷です。

さて、日野川の郷では今週の2/11(土)・12(日)
新酒祭り2017を初開催!
続々新酒祭り用のお酒も入荷してきてますので、今日は祭りに先駆けて
当日販売予定の商品の一部をご紹介したいと思います~!

まずは
taru

ドン!と、酒樽も店内に来ました三光正宗さんからは

sankou

「三光 初しぼり しぼりたて生原酒」が来ました!
初しぼりという名前の通り、今年最初のしぼったばかりのお酒を使用しています。
さらに生原酒なので火入れ(加熱)、加水(水を加えること)をしていない
酵母や酵素が生きた状態なので、しぼりたてのフレッシュな味と香りが
楽しめちゃいますよ~。原酒なので、アルコール度数は少し高めですね。

dosuu

お値段は¥820-
こちらは、当日試飲もご用意してますのでぜひ味を確かめてみてください。

お次は簸上清酒さんから「七冠馬 純米生酒しぼりしな」と「七冠馬 にごり酒」

hikami
余談ですが、七冠馬と言えば競馬ファンなら誰もが名前を知っている名馬シンボリルドルフの事ですね!
現役時代はさすがに私も実体験しておりませんが、息子のトウカイテイオーは好きでした。
なぜ七冠馬という名前がこのお酒に付けられたかというと
簸上清酒さんがシンボリ牧場と縁があったという事で、この名前が付けられたようです。

それでは、しぼりしなの方から
sibori
ラベルを見ると、改良雄町を使用した純米酒のようですね!
雄町は、山田錦や五百万石などの親にあたる品種です。
日本酒度は+4と、辛口ですね。
気になるお値段は¥1,450

そしてにごり酒の方は
nigori

にごり酒らしく、若干白みがかかってますね!(瓶で分かりづらいですが・・・)
ちなみに、にごり酒には発砲性の物と発砲していない物があるようです。
今までずっとにごり酒は発砲している物だと思ってました・・・
こちらは¥1,230となってます。

さて、このほかにもまだまだ当日は新酒をご用意!
もちろん、特別純米酒「日野川の郷」も有料試飲でその場でお楽しみ頂けます。
新酒はこの時期だけの味わいですので、ぜひ皆様お越しください!

※生酒は味が変わりやすいので、開封後は冷蔵してできるかぎり早く飲んでくださいね。


newsake


【年末ブリ販売のお知らせ】
12月28日(水)~30日(金)の3日間、10時~14時まで
直売所前の外部通路でブリの販売を行います!
事前予約も承りますので、ご希望の方は店頭またはお電話にてお申込ください!

 

web%e7%94%a8


更新日 2016.08.18

毎週土・日はパン入荷!

毎週土曜日・日曜日は出来たてパンが入荷致します!
・オオサンショウウオの形をしたレーズンたっぷりの「オッサンショウオパン」
・日南の野菜がふんだんにトッピングされた「日南のナン サルサソース」「日南のナン カレーソース」
上記2種類のパンは、日野川の郷限定商品です。

また、その他にも塩バターパン、かすみの白パン、とろけるクリームパン、ミルクメロンパン、ミルクかりんとうドーナツなどもございます。毎週末、数量限定の商品ですのでお買い求めの際はお早めにご来店ください!


毎月第1日曜日は「香茸入り大山おこわの日」
この日は香茸入り大山おこわが入荷致します。
香茸といえば、美味しさは松茸以上の幻の茸とも言われています。
出荷者の方が作られた、特製の手作りおこわを是非一度ご賞味ください。


平素は日野川の郷をご利用頂き誠にありがとうございます。

日南町山上地区、福万来では例年7月上旬から下旬にかけて
ヒメボタルが見られるホタルの里がございます。
これに合わせて、7月1日から7月10日まで期間限定で
直売所の営業時間を夜22時まで延長させて頂きます。
この機会にぜひ、山が生み出す天然のイルミネーションを体験してみてください。

また、この期間7月3日~7月10日までチロル観光様実施のバスツアー
「ヒメホタル夜空散歩」もございますので、そちらもご利用くださいませ。
下記URLから詳細をご覧頂けます。
http://www.tirol-tourism.jp/tour-hotaru28.html
 

レストラン、ショップまるごとトマトは夜間営業しておりませんのでご注意ください。

 

ホタルマップ


更新日 2016.04.21

お買い物で環境貢献

※写真はイメージです。 

内 容 「カルビー」+「森のめぐみおとりよせ」+「EVI SHOP」のコーナー。
カルビーが地域の活性化と環境貢献につながる商品を
全国にさきがけて提供しています。
お買い上げ代金の一部が、森を守る活動に利用されます。

更新日 2016.04.21

オリジナルドレッシング

※写真はイメージです。 

内 容 日南町のみなさんが心を込めてつくったオリジナルドレッシング。
サラダはもちろん、野菜炒めや焼肉のタレの代わりなど
幅広い料理にご使用いただけます。
「ゆずとうがらし」、「畑のお肉」などたくさんの種類がありますので
ぜひ自分のお気に入りを見つけてください。

12